ラクスル 決算説明会資料を見てみる

最近決算資料を見る訓練をはじめました。
これはその際のちょっとしたアウトプットです。

ラクスル

 

基礎

貸借対照表(B/S)

バランスシートと呼ばれる表のこと。
大雑把に言うと、下記で成り立っている。

資産 = 負債 + 純資産

資産 → お金の使い方 → 流動資産(1年以内に現金化する予定があるもの) + 固定資産(1年以内に現金化する予定があるもの)
負債 → 返す必要があるお金 → 流動負債(1年以内に支払いが必要なもの) + 固定資産(1年以内に支払いが必要なもの) 
純資産 → お金の集め方(返す必要がない)

損益計算書(P/L)

会社の儲けを表した成績表のようなもの。
順番に下記のように計算していきます。

売上総利益 = 売上 – 売上原価
営業利益 = 売上総利益 – 販売費及び一般管理費
経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 – 営業外費用
税前当期純利益 = 経常利益 + 特別利益 – 特別損益
当期純利益 = 税前当期純利益 – 住民税・法人税等

 

ラクスル

ビジョン

「仕組みが変われば、世界はもっと良くなる」

 

ビジネスモデル

ラクスルは、ラクスルとハコベル2つのビジネスを持っています。
どちらも印刷や配送を注文したいユーザーと、印刷会社、運送会社を結びつけるビジネスモデルになっています。

もともとラクスルの話でいうと、
印刷業界の稼働率が40%だというところに目をつけ、ラクスルを通して、その稼働率をあげたのが始まりです。

決算書

最初なので、気になったところだけピックアップしたいと思います。

売上総利益

下記は2018年7月期第4四半期および通期、業績です。
売上総利益が約28億円(2761の箇所)で、YoYが+58.8%になっています。

Image from Gyazo

売上高販売管理費比率の推移

売上高販売管理費比率とは、企業の売上高に対する販売費及び一般管理費(販管費)の比率のことを言います。
また販売費及び一般管理費とは、企業の営業活動全般や一般管理業務をすることにより発生するコストのことです。

ちなみに計算式は下記です。
売上高販管費率(%)= 販売費及び一般管理費 ÷ 売上高 × 100

ちなみにこの指標の使用用途は、
販売費及び一般管理費(販管費)を効率的に使っているかどうかを見るために使用されるみたいです。

前置きが長くなりましたが、下記でラクスルの売上高販売管理費比率の推移を見てみます。
順調に比率が下がっているのがわかります。
大きく減少しているのは、広告宣伝費のようです。では、次に広告宣伝費の推移について見てみます。
Image from Gyazo

全社広告宣伝費・広告宣伝費比率の推移

これも順調に下がっています。
TVCMの費用を試験的に止めたことで金額・比率が大きく低下しています。
Image from Gyazo

 

感想

はじめて会社の決算書を見てみましたが、いろいろ調べてみると面白いものですね。
引き続き色んな会社の決算書を見ていければと思います。

 

決算説明会資料

2018年7月期決算資料